PC

インプラント

IMPLANTインプラント

インプラントとは?

歯を失った場合、一般的にはブリッジや入れ歯が治療法として行われます。
けれども、それらにはデメリットも存在し完全に自然歯と同じように機能するとは限りません。
そこで今、天然歯とほぼ変わらない機能と外観を回復する「第3の歯―インプラント(人工歯根)」治療が注目されています。

往来の治療法と
インプラントの違い(例)

隣接する歯を1、2本失った場合

ブリッジ
(往来の治療法)

隣の歯を削って人工の歯をかぶせるため、噛む際に削られた歯に負担がかかり傷みやすい。

インプラント

インプラントを埋め込み、その上に人工歯冠を固定。健康な歯に影響はなく、なおかつ噛む力も衰えない。

奥歯を含めて複数の歯を失った場合

部分入れ歯
(往来の治療法)

人口の歯を固定するために金属のバネで健康の歯に固定するので、その歯に負担がかかる上、バネに食べ物が詰まりやすい。

インプラント

失われた歯根部分の骨を支えにして人口歯を固定。外観も機能も天然歯と変わらず違和感が無い。

全ての歯を失った場合

総入れ歯
(往来の治療法)

歯茎全体にかぶせた入れ歯はぐらつきやズレがあり、硬いものが噛めない。また、入れ歯が舌を塞ぎ味が分からないなどの難点がある。

インプラント

複数のインプラントを埋め込み人工歯を固定。

多彩なバリエーション

単独歯欠損

複数歯欠損

無歯顎

プレミアム

プレミアム

プレミアム

治療に使用する機器

生体モニター

心電図や脈拍、血圧の測定。院プランとの手術の際、生体モニターを使用し歯科麻酔科医とともに手術にあたります。 口腔内の麻酔だけではなく静脈内沈痛法を用いて、よりストレスなく手術を行うことが可能です。患者様の痛みや不安などの軽減、また安全性にも最善を尽くします。

インプラント治療を受ける際の注意事項

  • ・インプラント治療は、患者様の症状や希望に合わせて行います。すべての患者様に同一の治療は適用できないため、綿密な治療計画が必要です。
  • ・術後のお手入れや費用などをよく理解した上で治療を始めることをお勧めいたします。
  • ・治療をご希望の方は、まず担当医に相談することから始めてください。